子育て

暑い夏を子どもとおうちで楽しむ遊び5選

らびまま
らびまま
こんにちは、らびママです。@SpaceRabbit_jp

そろそろ暑い夏がやってきます!
子どもと外で思いっきり遊びたい!という方も多いかもしれませんが、私は暑いのが苦手で熱中症にもなりたくないし、できれば屋内遊びがしたいです。
そんな憂鬱な炎天下の夏。子どもと一緒に涼しい室内で遊びませんか!?
できれば夏らしい遊びがしたいですよね。
そんな夏に室内で楽しめることをご紹介いたします。

楽しむのならやっぱり食 2選

食べるのは楽しいところもあり、おいしいし幸せな気分になれます。
夏ならではの食べ物もたくさんありますが、用意するのが楽でかつ子どもが楽しめるような贅沢な食はないかな?と気になりますよね。

そうめんを楽しく食べよう

ズバリ夏の食といえば「そうめん」!こちらは欠かせません!
流しそうめんにすれば子どものテンションもあがること間違いなしです。

実は流しそうめんは牛乳パックを切ってくっつけていくだけで簡易的なものもできるのです。牛乳パックは水が浸透しませんので、並べてお水とそうめんを流すだけ。
牛乳パックであればおうちにあるのを貯めておいて、たまったら子どもと作る!というのも楽しいですね。

他にも既製品の流しそうめん器など便利なグッズや、カラフルでたのしいいろんな色のそうめんなど遊べるところは盛りだくさんです!
詳しくは以下の記事に詳しく書いていますのでぜひご覧ください。

夏到来、そうめんを楽しく食べよう!おすすめ食べ方を紹介します 最近気温も高くなり、いよいよ夏到来! 暑くなると食べたくなるもの、ありますよね。そうです、夏といえば・・・そうめん! 作るのも簡単、...

夏といえばかき氷

かき氷はおうちでできる定番の美味しいデザートですね。
かき氷器もいろいろ発売されていますし、実はかき氷はかき氷器がなくてもおうちによくあるあるもので作れちゃうんです。

ボールやタッパーなどで大きめの氷を作り、大根おろし器で氷を削るとしゃりしゃりのかき氷ができます!
手がかなり冷たくなるのできれいな軍手やタオルなどで氷をもつと削りやすいです

かき氷器がなくてもできちゃうのは嬉しいですね。
とても疲れそうですが・・・。あとはブレンダーやミキサーを使ってもできます。

ブレンダーやミキサーはいれれるものが決まっており、氷などかたいものを入れると壊れる可能性があります。最悪壊れてしまうことも考慮して、使用の際は自己責任で使用しましょう。

外で遊べることを室内でしちゃおう 3選

食べてばかりでは飽きてしまいますね。
とにかく外にはでたくないという方向けに、子どもが外で遊んだ気になれるような楽しい遊びをしたいですね!
それではおうちの中でマンションでも迷惑がかからないような遊びをご紹介いたします。

おうちでスイカ割り

おうちでスイカを割るなんて・・・と思うかもしれませんが、おうちでスイカを割るわけではありません!実は便利なグッズが売っていて、それでスイカの代用ができるのです。

それはこちら、スイカの紙風船です。
紙風船であれば力強くバットを振り下ろさなくても簡単に割ることができます。バットでなくても新聞紙を丸めた棒でも軽々できるので小さなお子さんでも楽しめます。
スイカを割ることができれば本物のスイカを冷蔵庫から出してきてご褒美に食べても楽しいですね♪

お風呂で水鉄砲

お風呂場で水鉄砲で遊ぶのは子どもたちにとっては本当に楽しいことですね!反対側の壁にマトなどをくっつけてあげて狙い撃ちすれば盛り上がること間違いありません。

お風呂の壁にくっつけることができるマトは買い物でお肉や魚が入っている発泡スチロールのトレイで簡単に作ることができます。
それにペンなどで色をつけ、水をつけてから壁に貼るとペタッときれいにくっつきます。もちろん、100円均一などで売っているお風呂に貼れるおもちゃを使っても楽しいですね!

おうちで花火

おうちで花火ってどういうこと!?って思うかもしれませんが、もちろん火を使うことはありません!火を使わなくても花火の雰囲気が感じられる方法です。
プラネタリウムのような機械で花火を映し出すことが可能なものがあります!

お値段も3000円しないものが多いのでふつうに大きめの花火を買ったと思えばあまり値段もかわりません。
陽も落ちて暗くなってきたらリビングなどで食事の前につけてみたら子どもたちも盛りあがりますね。

やっぱり花火はいいものです。

夫婦でもカップルでも存分に夏が楽しめるものですね。

まとめ

暑い夏でも楽しく乗り切るには、どのように子どもたちの気持ちを盛り上げていくかが重要になりますよね。公園にいっても熱中症が心配になるし、屋内遊園地などは混んでるし、プールや海も人だらけ・・・しかもそんな毎日連れていくことなんて無理ですよね。
今回ご紹介したのは我が家でも実践している夏のおうちでの過ごし方のおすすめの方法の一部になります。おうちで涼しく夏らしい遊びぜひ参考にしてください!
長い長い夏休みの間、頑張って子どもたちを楽しめるようにがんばりましょう♪

ABOUT ME
らびママ
らびママ
2歳児と4歳児のママ。 大学の理系学科を卒業したいわゆるリケジョ。 独身時代はクレジットカード会社からゲーム好きが転じてゲーム会社へ転職。結婚を機に退職し、現在は苦手な家事、育児に奮闘中! 任天堂、ポケモン、どうぶつの森をこよなく愛す。夢は子どもたちとパーティーを組んでドラクエ10をやること。